« おうちカフェ パワーアップ!で感動的に継続中です。 | メイン | 羊羹と夜の闇。 »

2011年8 月 2日 (火曜日)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

Borinquen

Junkoさん!

我家の昨夜は、いつもの水茄子のサラダで、プリプリ感を味わっていましたが純和風...も呼ばれたいですよぉ。

そういえば、関西出身の方から有名な水茄子の漬物をいただき感動したことがありました。
手で割いて、そのジュワジュワした瑞々しさを味わう。この季節ならではの楽しみです。
残った糠どこにニンジンやきゅうりを入れると、見事な漬物にもなります。
ああ、また食べたいなぁ...注文しようかなぁ...
http://borinquen.typepad.jp/blog/2010/07/mizunasu.html

最後の2行...なんか情景が浮かんできそうで...思わずフフッフゥ~...Hoot (훗)
そうそう、バジルではなくミントでね。そうじゃないと、爽やかさがでないんです。

SumiJunko

ボリンケンさん、浅漬け、糠漬け!良いですよね~
食べた後も使える糠が、たっぷり入ってるなんて魅力的( ´▽`)

しかし、今朝のボリンケンさんのブログで一つ謎が解けました!
平日は、ご飯炊かないのですね。
だからあんなにイタリアンレストランでワインをチビリやりながらいただくようなオシャレな晩御飯なのですね。。。

chaochocotora

水茄子・・・懐かしいです。両親が柏に転居して以来、毎年大阪の祖母から送られてきました。まだ珍しくてご近所に配るのが実家に帰った時の私の仕事でした。あのまんまる、カワイイですね。

SumiJunko

あ(~_~;)そうでした!こんなに近くに本場大阪人がいたんだった~
レシピ伺えば良かったです。

この記事へのコメントは終了しました。

2012年5 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Facebook