« 一足早い春の熱気のお家カフェでした。 | メイン | 房総お気に入りリストにまたひとつ追加。 »

2012年4 月11日 (水曜日)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

Borinquen

うわぁぁぁぁx〜〜ん、シロジーアール\\(^O^)//

散るのではなく花びらごと落ちてしまった桜が語りかけること、散り急いだ花びらと緑の対比、どこまでもピンクの奥行き感、僅かにハレーションした光と強烈な赤。

うぅん、まいりました…
自分が背伸びしないとお付き合いができない彼よりも、いつでも声をかけられるところにいる恋人の方が。

ねぇ、今度の彼女、さりげないところにも気をつかってくれるんだよ。
いや、のろけてるんじゃなくて、ちょっと聞いて欲しいだけ。
ねぇ、もう少しだけ聞いてよ…

新しい次元に更に進んだような…そんなきが気がして、そわそわしてます。

SumiJunko

ボリンケンさん!そうなんです!限定ホワイトカラーなんです(^_^)
黒もスタイリッシュだけどこの色もイケメンですよね~。一緒にいると気分が良いです。

毎日、GRレンズに驚いています。ズームはきかないのですが、先日満月を撮影。Macでアップにしたら夜景のライトが星型に撮影されていることがわかり感動!
ほんとさりげない細やかさです。
これからもご指導よろしくお願いします!

natsuyo

じゅんこ、ボリンケンさんこんにちは。
カメラ談義に、体が前のめり気味です。

うまいなぁ、構図が。。。
そして桜×空じゃないところになんか笑ったの。
どこかの芸術学科をあらわしているなぁ、やっぱり同級生だなぁみたいにww
それにしてもマクロ1cmってスゴイわ。
時代はもう、ミラーレスなんだろうね。

そして今一番ハマってる方(オランダ人)の写真、是非みてみて~
ちょっと順子とも感性似てるとおもうよ~
http://pudlovskyte.lt/
http://blog.pudlovskyte.lt/
ブログも素敵なの!

Borinquen

発売以来8年もほぼ同じ筐体で進化し続けるGR。
やはりレンズの持つ力が違います。プロのカメラマンがサブカメラとして使う程の実力。神経質だけど意外にも親切で、頼まれたことはちゃんとやってくれる。そんな奴。どこでもいそうで、なかなかいない気の置けない奴なんです。基本「絞り優先」であとは自在にフレーミング。どのように収めるかは感性次第。ママボリンケンが写真を見て「いい写真の連発だね!」と、感心してました。

ホワイトを選んだところにも独自のこだわりが。
うん、素敵な世界へようこそ。

SumiJunko

おお。なつりん、ほんとだ!すごい素敵な写真だわ。
こんなふうに乾いた感じと黒くしっとりしてる感じが、絶妙なバランスでキレイにおさまる写真がとれるようになりたいなぁ。
そうそう、Nikonの調子はいかが?
なつりんは、刺激的な場所にしょっちゅう行くから被写体には事欠かないし、ガンガン腕上がってるよね~
私もこれからは肌身離さず持ち歩けるようになったよ!

この記事へのコメントは終了しました。

2012年5 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Facebook