« 『もう紙なんていらないんじゃない?そう思う人とは、うまくつきあえない気がする(カキモリHP)』そんな言葉に頷きながらオーダーメイドノート完成しました。 | メイン | 夢の二地域居住!その3 »

2012年3 月18日 (日曜日)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

mamaborinquen

「蝶々夫人」ご覧になったのですね!
実はこのオペラ、森先生の衣裳で上演するはずだったんですよ。スカラ座と劇団四季が所有しているうちの
1セットを借りて・・・。
でも、小澤さんの体調があまりよろしくないので内容が変更になり、使用出来なくなってしまったとか。
なので、先生の衣裳を使うのであれば、私も見るはずでした〜。残念!
でも、junkoさんおっしゃるように、人間の力で表現出来る事ってすごいパワーですよね。
私も見習いたいと思う今日この頃でした。

SumiJunko

なんと!(◎_◎;)ママボリンケンさま、そうだったのですか。
そうか。元祖バタフライデザインといえば。関係ないですかね(^_^;)

内容は大幅変更のようでしたが、本気勝負の本物のアーティストの作品に触れて、
こちらも背筋を伸ばしてちゃんと取り組まなければ!と、ソワソワする気分でした。
そしてもちろん指揮はされませんでしたが、
会場にいらしていた小沢征爾さんのその存在感にも圧巻でした(^_^)

この記事へのコメントは終了しました。

2012年5 月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Facebook